家庭内労使交渉

スポンサーリンク

冬のボーナス支給

先日は、新しく勤め始めた会社の初ボーナス支給日でした。

夏にもらったときは、勤め始めて間もなかったので、

数万円程度でしたが、

今回は、丸っといただけたんです。

 

実際、1年も働いていないので、

そんなにもらえないだろうと思いつつも、

1か月分ぐらいいただけたら

家計が助かるなぁ~。

なんて思っていたんです。

 

実際に、ボーナスの明細を頂いて、

自分の総支給額を見てビックリ!

 

えっ!(°Д°;

 

一瞬、桁がわからなくなり、

夏と一緒!?

 

と思ったら桁が一桁違ってました。

本当にビックリです。

2ヵ月分以上の額があったんです。

人生初の高額ボーナスでした(>▽<)

今までが何だったのかと思うくらいで、

なんだか、泣けてきました。

この涙が、うれし涙なのか、悔し涙なのか…。

 

でも、今までの人生があったから、

今ここにいると思って、

今後もこの会社でがんばろう!

って思いました。

 

で、本題の家庭内労使交渉です。

家庭内労使交渉

我が家では、月の給料だけでは、

住宅ローン、生命保険、スマホ代、子供の塾費

光熱費、食費、車等の維持費、その他…

が、払いきれないんです(+_+)

 

そこで、ポイントになるのが、

ボーナスです。

毎回、ボーナスで、

月の赤字を補てんしているんです。

そうすると、残念ながら私のところには、

ボーナスを分配してもらえないんです。

毎日、私は、何の楽しみがあって、

仕事しているんだろう?って

自問自答の日々だったわけです。

 

でも、今年は、違いますよね。

なんたって、

人生初の高額ボーナス頂いたんで、

月々の赤字を補てんしても十分余るんです。

これは、もう分配していただかないと!

 

って、ことで、家計の赤字を探りつつ、

ボーナスの1割を分配してもらう交渉STARTです。

 

私「今年は、月々の赤字っていくらあるの?」

妻「だいたい、1万から2万ぐらいかな。」

私「それだと、だいたい多く見積もっても20万ぐらいだよね」

妻「まだ、12月が締めてみないとわからないよ」

私「12月は、年末調整のお金も入ってくるし問題ないっしょ!」

妻「まあ、そうだよね。」

私「ボーナスさ、今年は、多かったじゃん!」

妻「そうだね。」

私「赤字補てんしても十分余るじゃん」

妻「そうだね」

私「今年は、ボーナス分配してよ」

妻「えっ!いくら?」

私「総支給額の1割」

妻「えっ!そんなに?それはちょっと…。」

私「ボーナス分配してもらわないと、仕事頑張れないじゃん」

私「ボーナスには、成績給が含まれていて、」

私「ボーナスの1割が自分の物になるなら次の半年もがんばれるじゃん」

私「モチベーションも違うよ!」

私「じゃあ、手取りの1割の金額で良いよ」

妻「なに、その端数は○万円ね。」

私「その端数の〇千円が大事じゃん!」

妻「えーー!」

私「じゃあ、その端数でくら寿司行こうよ」

妻「それなら、まあいいよ」

 

ってことになり、私のところには、

〇万円が入り、年末どこかで、

くら寿司に行くことになりました。

 

ボーナスで、欲しかった、

ラジコンを買えそうです!

 

追記

妻から、ボーナスの1割の分配がありました(^^)/

 

コラム
スポンサーリンク
40代中年パパの試行錯誤ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました