スポンサードリンク

ラジコンボディにアクリルガッシュ

以前ネットで、

ラジコンのボディを塗るのにアクリルガッシュが、

使えるというのを見たことがあり、

以前衝動買いした、アクリルガッシュっで塗装してみました。

塗装前

塗装後

ビニールを剥がすとこんな感じです。

塗装に必要な物

ターナーアクリルガッシュ

アクリル絵の具です。

エアーブラシ

私の買ったのは、高儀 EM ミニホビーコンプレッサーセット HCP-100

アクリル系溶剤

アクリル絵の具を薄めるのに使います。

水でもいいのですが、水だと乾きにくく、

定着しにくいです。

より、絵の具が、ラジコンのボディに定着するように、

混ぜて使います。

スペアボトル

塗装する塗料を作るのに必要になります

余ったのを保管しておくことも出来ます。

あとは、これ以外に、

マスキングテープ・新聞紙・マジック・ハサミ・カッターなどなど

エアーブラシで塗った過程

まずは、マスキングからですね。

塗りたくない部分をマスキングテープと新聞紙で保護します。

まずは、黒い色を作ります。

ファブリックメディウム1に対して、アクリル系溶剤を2の割合で、

そこに、アクリル絵の具の黒を混ぜました。

※今回購入したアクリル絵の具のセットに黒が無かったので、

私は、ぺんてるのアクリルガッシュのジェットブラックを使いました。

スペアボトルに入れて、振るとしっかりと

混ざります。

絵の具が溶けきらないと、

エアーブラシのノズルが詰まりますので、

しっかり溶かします。

で、塗ってみると、

最初は、ほとんど色が付きません。

乾いては、また塗ってを何度も繰り返すと、

色がついてきます。

最終的には、ここまで染まりました。

次に、ボディの色を紺で塗ります。

同じようにファブリックメディウム1に対して、

アクリル溶剤2の割合で、混ぜそこに、紺のアクリル絵の具を足します。

ビンの中では、こんなに濃いんですが、

塗ってみると、1回目はこんなに薄いです。

乾いては塗りって繰り返していくと、

徐々に色が染まってきます。

 

最終的には、ここまで染まりました。

太陽に透かしてしまうとマダラに染まっていることがわかってしまいますが、

透かさなければ、こんな感じです。

で、残りは、ドアノブやライトの部分を銀にしました。

スプレーで塗るほどのこともないかと思って、

トレイにファブリックメディウムとアクリル絵の具を混ぜて、

筆で塗ってみました。

中々、色がつかないので、面倒でも、

エアーブラシで塗った方が、きれいに染まるかもです(>_<)

で、最終的には、こんな感じです。

ビニールを剥がしてみると、

それなりに仕上がっています。

まだ、このボディを使って走らせていないので、

走らせた場合に、どこまで絵の具がはがれてしまうか

実験していないので、ディスプレイ用のボディとかなら、

問題ないかと思います。

私の使った道具一式

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まこ より:

    前回の記事を見て、ファブリックメディウムとアクリルガッシュでボディ塗装をしてみました。塗膜は結構丈夫なもので、ほとんどはがれることはありませんでしたよ。

    ファブリックメディウムを使わないとどうなるかはわかりません。

    こちらの記事のおかげで、ボディ塗装が楽しくなりました(^^y

  2. ushiushi より:

    まこさんコメントありがとうございますm(_ _)m
    私の書いた記事で、
    まこさんのボディ塗装が楽しくなった事は、
    私としてもうれしく思います(^^♪

    そろそろ、私も、次のボディを塗ろうかな。

コメントの入力は終了しました。