革トレイ レザークラフト

スポンサーリンク

今度は、革トレイ作ってみました。

ちょっとした小物を入れてみたり、

製作に使用する部品を入れたりするのに

重宝します。

最近は、その日に付けていった腕時計を

入れたりしています。

 

革トレイ 製作過程

まずは、型紙を製作します。

型紙は、レザークラフト塾のじゅんさんのホームページから

ダウンロードさせていただきました。

 

革を大まかに切断

 

型紙に合わせて切断

 

革の裏面を仕上げる

革の裏面は、最初毛羽立っているので、

トコノールを塗って、ガラスの板でこすります。

ヘリは、こんな棒でこすります。

ガラスの板は、専用の物を購入すると高いので、

100円ショップをまわって、

ガラスのコースターを見つけました。

 

ヘリを磨く棒は、1つ目の写真の物が

レザークラフト用の棒です。

これは、レザークラフトの道具を集めている際に、

セットの中にありました。

 

もう一つの写真は、100円ショップで、

ツボ押し用の棒です。

意外とこの狭い隙間が減り磨きに

重宝したりします。

 

トコノールは、ネットだとこんな値段です。

楽天市場で探す

トコノール 無色/黒/茶 120g[SEIWA] レザークラフト染料・溶剤・接着…

1000円しない程度です。

まとめて購入すると送料が無料になったり

おまけがもらえたりするので、

ほしい物をすべてチェックしてからまとめ買いがお得です。

 

革によって、毛羽立ちが違います。

塗って、ガラス板で、こすっていくと

こんな感じになります。

 

型紙に合わせて、小さい革を

中央に置いてみます

 

縫っている間に、革がズレないように

手芸用ボンドで固定します。

手芸用ボンドは、ダイソーで手に入れたんですが、

先端の方が、かなり細い穴になっていて、

隅々まで塗るのに重宝します。

貼った後は、透明になるので、

多少ならはみ出しても目立ちません。

 

革に、縫う位置をケガキます。

そして、4つのコーナーに

丸ぎりで目印をつけます。

 

そこを基準に、

菱目ポンチで穴をあけていき、

手縫いで縫っていきます。

 

革の切断がイマイチだったために、

縫うためにケガいた線も曲がっていて、

縫っていったら、曲がってしまいましたね(゚Д゚;)

裏面です。

 

最後は、4隅を縫って

形を整えれば、完成です。

 

私は、革を東急ハンズで、

購入しましたが、

やわらかい革しかなかったので、

製作した後、フニャフニャでした。

 

しっかりしたトレイをつくるなら、

レザークラフト塾のじゅんさんのすすめる革を使うと

カッコよく作れると思います。

 

ヘリも、失敗しないし上手くできると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました