財布を入れるポーチ

スポンサーリンク

黒い大きめの革のはぎれが手に入ったので、

念願だった、財布の入るポーチを作りました。

ちょうど、長財布が収まる長さです。

財布の入るポーチ製作過程

まずは、必要なサイズに革を裁断

縫い目と切り欠き部分をケガキます

チャックの端を三角に折り曲げて

糊付けします。

チャックを貼り付ける部分に両面テープを貼ります。

片側を縫ったら、反対側も両面テープで貼ります。

チャックは、革の端から7mmぐらいの位置に

貼り付けて、縫い目は、革の端から3mmぐらい

両面テープで貼ると、両端を合わせて

ズレていたら、貼り直しが効くので便利です。

位置が上手くあったら縫っちゃいます。

今度は、端から7mmの位置を縦に

縫います。

縫ったら、3角に折り曲げて、

切り欠き部分を横に縫います。

革の端から7mmです。

反対側も同様に縫います。

こちらも切り各部分を縫います。

ひっくり返します。

切り欠き部分がマチになります。

あまり大きくしたくなかったんで

計算上20mmのマチです。

さて、チャックの端をどうするか

短く切るのもモッタイナイ気がして、

そのまま使うことにしました。

でも、値札をそのままというわけにはいかないので、

使った革の切れ端を20mm角に切って、

チャックの端にツマミを付けました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました