スポンサードリンク

スーパーカブ エンジンオイル交換

今日は、スーパーカブのエンジンオイル交換をしました。

使用したエンジンオイルは、

ホンダのウルトラG1です。

定番のオイルですね。

ネットで購入すると、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:669円(税込、送料別) (2017/1/9時点)

これぐらいの価格で購入できます。

ただし、送料がかかるので、

結局、ホームセンターとかで買った方が安かったりも…。

今回は、超久しぶりにエンジンオイル交換という事で、

まずは、今入っているエンジンオイルを抜きました。

なんだこりゃ(゚Д゚;)

ただの黒い水ですね。

ここまで黒くなってしまっては、

エンジンオイルの役割は果たしていませんね。

そこで、新しいエンジンオイルを入れて、

5分間ほどアイドリングしました。

それから、新しく入れたエンジンオイルをすぐに抜いてみました。

入れてすぐなのに、こんなに汚れていました(>_<)

長く放置してしまうと、1回の交換では、

きれいにしきれないんですね。

あらためて、新しいエンジンオイルを入れます。

私が使っているのは、こんな道具です。

ジェットオイラーです。

楽天とかでも売ってます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:117円(税込、送料別) (2017/1/9時点)

私の持っているタイプは、400mlまで入れることができるタイプ。

スーパーカブに必要なオイルの量は、600mlなので、

一度、入れきってから、200mlを追加するという感じです。

残りの200ml分です。

メモリがついているので測らなくて良いので楽です。

入れるのは、こんな感じです。

以前は、ここにジョウゴみたいなものを紙で作って入れていたので、

結構、オイルがべちゃべちゃになってしまっていたんですが、

これに変えてからは、こぼれしらずです。

入れ終わったら、

キャップについているメモリで、

容量をチェックです。

入れ終わった後に、

一度、エンジンを回すと、

オイルが全体にいきわたり、

キャップについているメモリで、

容量をチェックすると、

少し減ります。

許容範囲なら、そのままで、

足りなければ、不足分を足します。

今回は、減る分を考慮して少し多めに入れておいたので、

あとから足す必要はなかったですね。

実際に、走ってみると心なしか、

スムーズな感じになった気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする