スポンサードリンク

SSD投入

今日は、市議会の選挙があったんで、

投票ついでに、重い腰を上げて、

パソコンのパーツショップでお買い物。

私が、購入したのは、SSDです。

新しいタイプのハードディスクとでもいいましょうか?

とにかく、これに切り替えると、

従来の起動速度が格段に速くなると噂の代物です。

実際に購入したのは、

パソコンショップで一番人気のSanDiskのUltra Ⅱの240GBです。

価格は、1万円とちょっと。

これを簡単に、認識させるために、外付け用のHDDケースを購入。

玄人志向のGW2.5CR-U3というケースを1000円ぐらいで購入。

まずは、このケースにSSDを格納して、

USBケーブルでパソコンと接続。

現在使っている、ハードディスクの使用容量をチェック。

1テラのハードディスクを2つに分けて使っていて、

システムの入っているCドライブには、200GB前後の使用量。

Dドライブには、なんだかよくわからないデータが200GBも入っていました。

このままでは、購入した、240GBのSSDにデータを移行することができないので、

いらないデータを削除したり、外付けのハードディスクに移しました。

結果、150GBぐらいまで減らせました。

後は、今現在のハードディスクをSSDにクローンを作成するだけ。

ソフトは、購入すると3,500円ぐらいからあるようでしたが、

そこまで、経費はかけられないので、ネットでググってみました(^^♪

そして、見つけたのが、こちらです。

AOMEI Backupper Standard

細かな設定までは、できないものの、無料でソフトがダウンロードできて、

システムまでクローンが作れるソフトです。

最初、クローンをつくるところで、

システムのクローンを選んだら、アップグレードを要求されてしまい、

どうしようかと思ったら、ディスククローンというのがあったんで、

これで、クローンを制作してみることにしました。

そうしたら、クローンしたいディスクを選ぶと表示されたので、

もともとのハードディスクを選択。

次へをクリックすると、

今度は、クローンを作成する宛先のディスクを選択。

新しく買ってきたSSDを選択しました。

そして、次へを押していくと、

もともとのハードディスクの容量と違うので、

そのままでは、エラーが出てしまいました。

そこで、「宛先ディスク上のパーティションを編集」というところをクリックしました。

そこで、「全てのパーティションをディスクにフィット」を選択。

「はい」をクリック

それだけでは、エラーになってしまったので、

さらに、

□セクター単位のクローン

□SSDを最適化するにはパーティションを合わせる

の両方に☑して、開始をしたところ上手く開始してくれました。

夜6時からスタートして、クローンが終わったのが、

夜9時ごろだったので、約3時間ぐらいの時間がかかりました。

そして、できたので、ケースからSSDを外し、

パソコン本体へ直接接続。

当初使っていたハードディスクは、

そのまま、ケーブルを外して、

ケースの中に一緒に保管。

今まで、3分ぐらいかかっていた起動が、

数十秒で起動するようになりました\(^o^)/

今まで、表示が遅かった、

インターネットのサイトもサクサクと表示されるし、

外付けのハードディスクの中身を見るのにも、

心なしか速さを感じます。

今まで、食わず嫌いで、SSDに変更しませんでしたが、

ここまで、劇的に違うならもっと早く買えときゃよかったと思えるほどです。

また、時間が取れたら、今度は、

ノートパソコン用にSSDを購入して、

ノートパソコンもSSDに切り替えちゃおうと思います\(^o^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする