スポンサードリンク

カブの前輪が・・・。

昨日は、大変な一日でした。

朝、仕事へ出かけようと、

カブのエンジンをかけて、

駐輪場から出そうとしたら…。

えっ(°Д°;

カブの前輪の空気が無い!!

まあ、ちょっと少ないだけだろうと、

ちょっと角まで走ってみたんですが、

ハンドルがガタガタ震えちゃって、

とてもじゃないけど、

会社までは走行できない!

って、ことで、一旦家に逆戻り。

家に帰って、空気入れでタイヤに空気を。

若干膨らんで、

走行できそうな状態になったんで、

強行でそのまま会社へ。

あとちょっとで、会社に着きそう

ってところで、

前輪の空気切れ・・・。

後輪側に体重掛けながら、

恐る恐る走行して、

なんとか会社の駐輪場まで到着。

スポンサードリンク



昼休みに試行錯誤

昼休みに、会社にある空気入れで

前輪に空気を入れるも

入れたそばから、空気が漏れていく始末(>_<)

うーんこれでは、

家まで帰れない…。

そこで、工務室から、

簡易の空気入れを借りて、

ちょっと入れては、

走って、またちょっと入れては、

走ってを繰り返そうとしたんですが、

借りた空気入れが、

あまり程度の良いものではなく、

ちょっと、使えないことが判明。

帰る手段を検討

夕方になり、

会社の先輩に、

カブの前輪がパンクしていることを愚痴りました。

そうしたら、ありがたいことに、

送っていただけることに。

本当は、妻に電話して、

空気入れ持ってきてもらって、

試してみて、ダメならそのまま、

会社にカブを残して帰るつもりでした。

先輩に、家の前まで送っていただき、

無事帰宅しました。

明日の出勤を検討

家に帰ってから、

夕飯を食べながら妻に、

明日、どうやって会社行こう?

って相談しました。

結局、自転車で行くしかないかなぁって

思ったんですが、

パンクがなおるまで会社にカブを放置するのも、

自転車でそれまで通うのもなんか嫌だなって思っちゃったんです。

そうしたら、居ても立っても居られない

妻のお兄さんが、

軽トラック持っていたんで、

それを借りてもらうようお願いして、

妻の実家まで行きました。

カブを軽トラックで

カブを軽トラックで運んできました。

1人で、荷台に押し上げて、

ロープで四方から縛り固定。

公道を30kmから40kmの低速で

ドキドキしながら帰ってきました。

暗闇で、パンク修理

家には、ガレージのようなものは無いので、

玄関の前で作業を。

作業灯などもないので、

玄関の薄暗い外灯を付けて、

作業しました。

前輪は、割りピン外して、

ナットとれば、車軸が外れるので、

それほど苦労なく車体から前輪が外れました。

苦労したのは、その後です。

車輪から、タイヤが外れず、

中々、中のチューブが取り出せない。

マイナスドライバーを3つ使って、

苦闘する事30分。

ようやくリムからタイヤが外れ、

チューブをとる事が出来るようになりました。

チューブを外して、

明るいところで、

空気を入れてみると・・・。

途中まで膨らむけど、

そこから先が膨らまず、

エアー漏れの音が。

わかりにくいかもしれませんが、

空気が入るところから

右の方にちょっと茶色くなっているところ。

そこに穴が開いてました。

タイヤの空気圧が上がると

穴が開いて空気が漏れていく感じです。

前日に、空気を入れすぎて、

ギリギリで踏ん張っていた部分に

穴が開いてしまったのかもしれません。

とりあえず、倉庫にあった、

中古のチューブを入れ込んで、

タイヤをはめて、

空気を入れました。

これが漏っていたらアウト。

タイヤをトントンと地面に弾ませてみました。

空気が漏れている様子もないので、

車体に前輪を取付。

試運転をしてみると、

無事走行も出来ました。

で、後は、明日の朝漏れていなければ

大丈夫かなって事で寝ました。

次の日の朝

やっぱり気になって、

朝5時に起きてしまいました。

起きてすぐに、

前輪の空気を確認。

今のところ空気は、入っていて、

実際、会社までの走行中に漏れないことを

祈るのみとなりました。

本当に、昨日は、

カブの前輪に振り回された一日でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする